1. HOME
  2. 青汁をもっとよく知ろうアレンジで青汁が飲みやすくなる!おいしい飲み方まとめ

アレンジで青汁が飲みやすくなる!おいしい飲み方まとめ

アレンジで青汁が飲みやすくなる!おいしい飲み方まとめ

青汁が昔の罰ゲームで使われていたのは、その味の悪さからくるものですが、最近の青汁は企業努力により味がかなり改善されています。とは言っても、苦味が全くないわけではなく苦手な人もいるかもしれません。そんな人たちのために、今回は家庭で簡単に出来るちょっとした青汁のアレンジ方法を紹介するので、青汁が苦手という人も飽きてしまったという人も是非チャレンジしてみてください。

青汁にはちみつ

青汁の苦味を消してくれる様々な食品の中でも、特に効果的なのがはちみつです。はちみつを青汁に混ぜるだけで、甘味が苦味を上回るのでとても飲みやすくなり、さらにはちみつの持つミネラルやビタミンによってさらに栄養を効果的に摂取することができてしまいます。

コップ一杯の青汁に対して混ぜるはちみつは、少量で平気です。はちみつはもともと甘さが強いので、少量でもかなり効果があります。もちろん自分が苦いと思えばもっと入れて飲みやすい味に調整しましょう。はちみつは溶けるのが遅いので、青汁をホットにしてから混ぜる方法もオススメです。

青汁に牛乳

これはもはや基本と言ってもいいアレンジかもしれないのですが、青汁を牛乳で割って飲むと驚くほど飲みやすくなります。青汁の苦さが消えるだけではなく、人によっては苦手な特有の匂いも消してくれるので、味の面以外でも飲みやすくなるのです。牛乳の割合が多ければ多いほど飲みやすいと思うので、初めは自分が無理なく飲めるくらいまで薄めて、慣れてきたらちょっとずつ牛乳を減らしていくといいかもしれません。

青汁にレモン

こちらも青汁アレンジの中ではかなりポピュラーなもので、レモンを加えることで苦味を軽減してくれます。レモンの場合は苦味を完全に消すということではなく、レモンの酸味と苦味がバランス良く共存することで、また違った美味しさが生まれるというのが特徴なので、いつもの青汁が嫌いなわけでは無いけど飽きてしまったという人にもオススメです。既に絞ってあるレモンの汁を使うのが簡単ですが、もし余裕があればレモンを半分に切ってから絞ったものを直接使うと、さらに効果が得られます。

青汁にヨーグルト

ヨーグルトに砂糖をかけるのと同じ要領で、粉末の青汁をかけてみると美味しく食べることができます。飲むのが苦手という人にもオススメです。ヨーグルトは他のアレンジもしやすいので、青汁の粉末だけでは無く、そこにさらにレモンやはちみつを追加してみるとより美味しく食べることができます。ヨーグルトは意外となんでも受け入れてくれるので、自分の好きなものをどんどん混ぜてみると、予想もしなかった味が生まれることもあるでしょう。

青汁とおにぎり

青汁は何も必ず液体にして摂取しなくてはいけないわけではありません。というのも、粉末状のものであればそれを料理に使っても、同様の効果を発揮することが出来るのです。そこで、朝食や昼食などにオススメなのが、青汁の粉末を混ぜこんだご飯になります。それをおにぎりにしてしまえば、お弁当で持っていくということも容易になり外出先でもしっかり青汁の栄養素をとることができるでしょう。

作り方はいたってシンプルなもので、適量のご飯に青汁の粉を混ぜ込んでから普通のおにぎりと同じように握るだけです。もし苦味が強いと感じたら、塩を少しふってみると食べやすくなります。

まとめ

このように青汁にはたくさんのアレンジ方法があるので、青汁の味に抵抗があるという人は是非これらのアレンジ方法を試してみてください。もちろんこのほかにも美味しいアレンジはたくさんあると思うので、自分でアレンジ方法を研究してみるのも、青汁を長く続けるコツと言えるでしょう。

健康に必要な栄養比較で圧倒的勝利!神仙桑抹茶ゴールド

© 2020 青汁健康ナビ All Rights Reserved.