1. HOME
  2. 青汁をもっとよく知ろう自律神経のバランスを青汁が整える?!驚きの効果の理由とは

自律神経のバランスを青汁が整える?!驚きの効果の理由とは

自律神経のバランスを青汁が整える?!驚きの効果の理由とは

青汁は便秘解消やダイエット効果、その他美容効果などあげていったらキリがないくらいの効果があるわけですが、最近になってさらに自律神経のバランスを調整してくれる機能があることが分かったのです。自律神経というのは交感神経と副交感神経から成り立っていて、そのバランスが崩れることが様々な障害が日常生活の中に現れます。では、実際何故青汁が自律神経のバランスを整えるのか、その実態を解説します。

自律神経が乱れると?

自律神経のバランスが崩れてくることで、倦怠感やイライラ、また便秘や下痢などを引き起こし、体長がつねに右往左往しているような状態になってしまいます。これに気が付き病院で診断してもらうと、自律神経失調症と診断されることも多いようです。

これが進行してしまうと、最悪の場合は鬱病にかかり何もできない状態となる可能性もあるため、そこまでいってしまう前に確実に予防しておく必要があります。そのバランスを青汁を飲むと改善することができるわけです。

自律神経は腸から改善

自律神経が崩れる原因のひとつとして、腸の調子が悪いというものがあります。自律神経というのは腸の状態によって影響をうけやすく、実際に調子が悪い時にはイライラしたり倦怠感があったりと思い当たることも多いはずです。そこで自律神経を整える大前提で腸内環境を整える必要があるのです。

そして腸内環境を整えるのに一番良いとされるのは食物繊維で、これは青汁にたくさん含まれている成分のひとつになります。食物繊維を摂取することで、腸内の善玉菌が増量、結果便秘解消などで腸が回復するとともに自律神経のバランスも戻ってくるのです。特に桑の青汁には食物繊維が多く含まれています。

ビタミンも自律神経に効果あり

青汁に含まれるいくつかのビタミンも自律神経回復に効果を発揮します。例えばビタミンAは自律神経のコントロールをする際に活躍してくれますし、ビタミンCはストレスを感じたときに、抵抗力を高めることで自分を守ってくれるのです。

そんなビタミンの中でも、特に自律神経のバランスを整えるのがビタミンBなのです。ビタミンBは神経ビタミンと呼ばれることがあるくらい、自律神経と密接に関係しており、神経部分に直接働きかけることでバランスの改善をおこないます。ビタミンBは常にストレスを受けている人は常に消費を続けているようなものなので、特にストレスを感じるという人はビタミンBが多く含まれているものがオススメなのです。

これらのビタミン類が多く含まれている食品というのは非常に少なく、含まれていても1つ1つが別の食べ物だったりしますが、青汁であればすべてが入っているということも珍しくありません。

他の成分も効果を発揮

ビタミンと食物繊維が自律神経のバランス回復にいいのは分かったと思いますが、それだけではなくて他にも自律神経へ働きかける成分があります。自律神経が乱れると、どうしてもイライラが自分の意思とは関係なく出てきてしまうのですが、これはカルシウムを取ることで緩和することができるでしょう。

イライラが募り、眠ることが出来ず睡眠不足になると、そこからは負のスパイラルが始まってしまうので、初期段階で多めにカルシウムをとるのはとても効果的といえます。ほかにもマグネシウムは鬱病の症状を緩和させるために精神を安定させたり、必須アミノ酸はビタミンCがストレスを緩和する助けをしてくれたりと、各成分がいろんな働きで自律神経を改善していくのです。

このように自律神経を回復するには、たくさんの栄養が必要になり、それだけ摂取するとなると野菜も膨大な量になってしまうもの。しかし、青汁はコップ1杯のなかにこれらが凝縮されているため、手軽に飲んで栄養を得ることができてしまいます。

青汁を続けるのが心配?大丈夫です

ここまでお話してきましたが、青汁に興味を持った方、気になるけれどいろいろ躊躇してしまうという方などいらっしゃるでしょう。確かに青汁は一般的なイメージとしては「青臭い・まずい・飲みづらい」というものが未だに根強い印象です。しかしそれは一昔前の印象にしか過ぎません。

今や青汁はお茶感覚で飲むことが出来る、美味しい飲み物として多くの方が愛飲するようなものが増えてきています。例えば冷蔵・冷凍タイプのすでに液体になっている青汁はすぐにそのまま飲むことが出来ますのでとても便利。実際に飲んでみると意外とクセもなく飲みやすいと感じる方も多いようです。

粉末タイプの青汁はいろいろ使えるので便利

なかでもおすすめしたい青汁は粉末タイプのもの。粉末の青汁のいいところは、水やお湯、牛乳や豆乳といったように様々な飲み物と組み合わせることが出来るという点です。どの青汁も美味しく飲めるよう工夫がされており、粉末タイプは特に溶けやすさを重視しているものや抹茶のように香ばしいものまで各社の特長が盛り込まれています。

お料理に混ぜて使用することも推奨されているなど、飲むだけではなく食べることもできるというのがポイント。ひとつずつ個包装されているものなら毎日必要な分を使いやすく分けられているので、続けて飲んでいきたいという方にも便利ではないでしょうか。

サプリメントはサッと飲めるのがメリット

一方の青汁サプリメント。こちらも色んなメーカーのものがありますが、水やお白湯などですぐに飲むことが出来るのでいちいち手間がかかりません。青汁のいいところを凝縮してあるので、難しいことを考えずに毎日手軽に飲み続けることが出来ます。

忙しい毎日を送っている方、どうしても青汁を飲むのに抵抗を感じている方、まずは青汁に慣れていきたいという方にとくにおすすめです。サプリメントだから意味がない、なんて心配はいりませんので自分のお好みで選ぶようにしましょう。

自律神経を整えることはそう簡単なことではありません。だからこそ普段できることをしっかり続けていくこと、毎日のちょっとした積み重ねこそが鍵を握るのです。

青汁は今や健康食品のひとつとして多くの方に認識されているポピュラーなもの。昔からある健康食品も今は飲みやすい工夫がされています。先入観はこの際脱ぎ捨ててしまって、まずは飲めそうなものからチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

健康に必要な栄養比較で圧倒的勝利!神仙桑抹茶ゴールド

© 2020 青汁健康ナビ All Rights Reserved.