1. HOME
  2. 青汁をもっとよく知ろうどのくらい持つの?青汁の賞味期限について

どのくらい持つの?青汁の賞味期限について

どのくらい持つの?青汁の賞味期限について

青汁には粉末のものから液体のものまでさまざまにありますが、その賞味期限というのはどのくらいなのでしょうか。健康食品というのは買いだめすることも多いものなので気になるところです。

青汁の賞味期限

例えば粉末タイプの青汁を例にして賞味期限を見てみると、1年ということが多いようです。これはメーカーによる違いもあるので、短いものだと半年は持つものから2年も持つというとんでもなく長いものまであります。

冷蔵タイプのものであると、粉末よりは短めでおよそ3か月程度、買いだめをするのにはあまり向いていないかもしれません。ちなみに一番長そうな錠剤タイプは、まさにその通りで、平均して2年前後はもつようです。

ひとつ注意が必要なのが粉末タイプや冷蔵タイプの賞味期限はあくまで未開封の時の話で、液体にしてからはすぐに飲まなくてはいけません。

賞味期限切れは飲めない?

ついつい買いすぎてしまい、賞味期限を切らしてしまった時にもったいないからといって飲んでしまう人もいますが、これはあまりお勧めできません。インスタント食品のように、初めから空腹を満たすための商品であれば問題ないかもしれませんが、青汁というのは栄養摂取を目的に飲むものです。

賞味期限が過ぎてしまったものというのは、すでに有効成分が失われている可能性も高く、その効果を実感することができないこともあります。少しもったいないかもしれませんが、賞味期限はしっかり守って、もし切らしてしまったら捨ててしまうことも考えましょう。

飲むだけじゃない!青汁の活用方法

賞味期限が切れるまで放置してしまうということは、毎日飲み続けることが難しいと感じている方も多いのではないでしょうか。その場合はちょっとした工夫を加えることで、賞味期限切れを回避しやすくなります。

例えばサプリメントタイプの場合は朝に必ず飲む、というように自分で飲みやすいタイミングを設定すること。朝ご飯とセットで準備しておくと飲み忘れが少なくなります。粉末タイプや冷蔵タイプのものに関しては、そのまま飲むのではなく時々色んなアレンジを加えてみてはいかがでしょうか。

例えばバナナと豆乳を加えてミックスジュース風にしてみる、ヨーグルトやフルーツと混ぜ合わせて食べてみる、ホットケーキのなかに加えてみたりお菓子のなかにプラスすることでまた違った美味しさを発見できるのではないでしょうか。

必ずしも「飲む」ということだけにこだわる必要はありません。自分なりに続けやすい方法をみつけていくこと、時々変化を加えることで飽きがきにくくなります。青汁を続けることは簡単なことではありません。しかし難しく考えすぎる必要もありません。できる工夫をしていくことで賞味期限切れを避けることができるので是非やってみてください。

健康に必要な栄養比較で圧倒的勝利!神仙桑抹茶ゴールド

© 2020 青汁健康ナビ All Rights Reserved.