1. HOME
  2. 青汁をもっとよく知ろう青汁に副作用や注意が必要な場合ってあるの?

青汁に副作用や注意が必要な場合ってあるの?

青汁に副作用や注意が必要な場合ってあるの?

青汁は良い効果がたくさんある飲み物ですが、時と場合よっては副作用を起こしてしまう可能性がないわけでありません。

青汁の副作用とは

青汁の副作用の代表と言われているのが下痢など、お腹がゆるくなってしまうことです。青汁に含まれる食物繊維は便秘に効果的なわけですが、これを摂取しすぎてしまうと、過剰な働きによって下痢気味になってしまうこともありえます。これはいきなりの大量の食物繊維に腸がびっくりしてしまうことで起きるのです。

他にはたくさんの成分が入っていることから、まれにアレルギー反応をおこしてしまうこともあります。アレルギーはどの食品でも可能性があるので青汁に限ったことではありません。ですので、青汁を飲む前に何が入っているのかをしっかり確認しておきましょう。

副作用がでたらどうする?

青汁を飲んでお腹がゆるくなってしまった時には、青汁の量を減らしていきましょう。先ほども書いた通り、いきなり大量の食物繊維というのはどうしてもお腹がゆるくなる原因になってしまうので、少しずつ飲んで慣れていくのがいいのです。このことから初めに飲むときにはいきなりコップ一杯飲むのではなく、少しずつ飲んで異常がないかを確認していくといいでしょう。

カリウムに注意

また、青汁にはカリウムがたくさん含まれています。これは塩分を排出する重要な成分ですが、腎臓が弱っている人はこのカリウムをうまく排出することができません。ですので腎臓が弱い自覚がある人は、青汁を飲む前にお医者さんに相談しておきましょう。

健康に必要な栄養比較で圧倒的勝利!神仙桑抹茶ゴールド

© 2020 青汁健康ナビ All Rights Reserved.