1. HOME
  2. 青汁をもっとよく知ろう二日酔いの予防と改善に青汁のススメ!効果的な理由と飲み方

二日酔いの予防と改善に青汁のススメ!効果的な理由と飲み方

二日酔いの予防と改善に青汁のススメ!効果的な理由と飲み方

社会人や大学生など飲み会が多い人なら分かると思うのですが、飲みすぎて二日酔いって凄くツラいものです。二日酔いになると、一度はもうお酒なんてやめようと思うものですが、そんな決意は数時間も持たず何度でも二日酔いになることでしょう。それならば、お酒をやめることよりも二日酔いを改善したり予防したりする方がよっぽど生産的というものです。

そもそも何故二日酔いになる?

二日酔いというのは、飲酒によって発生したアセトアルデヒドという物質が体内に残っている時におこる現象です。アセトアルデヒドというのはアルコールに含まれているもので、少量であればすぐに分解されてなくなってしまうのですが、量が多くて次の日まで残ってしまうと、それが体内の水分を奪っていくことで頭を痛くさせたり吐き気を催させたりという悪さをしてしまいます。これが二日酔いの正体になります。二日酔いは病気の原因にもなるので、注意が必要です。

青汁で二日酔いを予防

二日酔いの予防をするにはお酒をゆっくり飲んだり、水をこまめに飲んだりという方法がありますが、飲み会の席でこのような行動は難しいものです。ではどうすればいいのかというと、二日酔いはビタミンやミネラルを摂取することでも防げるので、これを利用しましょう。青汁にはビタミンが大量に含まれているのはもちろんのこと、ミネラルだって多く含んでいますので、青汁を飲酒前に飲んでおくだけで飲酒量による二日酔いの重さが全然違ってきます。特に青汁の原料にはこれらの栄養素が豊富に含まれています。

さらにその場の二日酔い対策だけでは無く、あらかじめ青汁を飲んでおくことで肝機能が高まり、根本的な部分から二日酔いになりにくい体にしてくれる効果も期待できるのです。これは先ほどのミネラルなどとは違い、フラボノイドを多く含んでいるものが良いので、桑の葉の青汁などがいいでしょう。桑の葉にはカリウムなど体全体の調子を整える栄養も入っているので、二日酔いと同時に発生しやすい胃もたれの改善もできてしまいます。

二日酔い後も青汁を飲むべし

二日酔いにならないために青汁を飲んでいても、なる時にはなってしまうもの。しかし、そんなときにも青汁を飲んで二日酔いを改善することができます。二日酔いの体というのは、アルコールによって水分もミネラルもビタミンも不足している状態なのですが、青汁にはこれらの全てが含まれているのです。

実際二日酔いの際に青汁を飲んでみると、独特の不快感が消えるのを感じ、朝ごはんも食べられるようになります。それと同時に青汁のビタミンUの効果によって、食べ過ぎた状態で弱っている胃の回復もしてくれたりと、様々な面から飲みすぎの影響を消してくれることでしょう。これにより食べ過ぎた後の吐き気を消すこともでき、少しはまともな行動をすることが可能になります。

結局青汁はいつ飲む?

以上のことから、青汁を飲むタイミングは飲酒前が一番と言えます。そのタイミングで青汁を飲んでおくことで、確実に二日酔いを軽く、またはそもそも二日酔いにならない状態を作ることが出来るのです。

そして、それでも二日酔いになってしまった時には、また青汁を飲んで体を回復させてあげましょう。二日酔いの後に飲む青汁には、ブドウ糖を摂取するために少し甘いものを足してあげるとより効果的です。例えばはちみつなどは青汁にプラスしてあげることで、独特の臭みや苦味を消してくれる効果を持っています。

ちなみに気持ち悪さで青汁を飲む気にもなれないというときは、大量の氷を入れて青汁を作ってみてください。その冷たさがアルコールの抜けきらない体にはとても気持ちよく、スッキリとした気分にさせてくれること間違いありません。

健康に必要な栄養比較で圧倒的勝利!神仙桑抹茶ゴールド

© 2020 青汁健康ナビ All Rights Reserved.