1. HOME
  2. 青汁をもっとよく知ろうグリーンスムージーと青汁って見た目も似てるけどどう違うの?

グリーンスムージーと青汁って見た目も似てるけどどう違うの?

グリーンスムージーと青汁って見た目も似てるけどどう違うの?

青汁とよく見た目が似ていることで有名なグリーンスムージー。実際に見た目だけで比較してみるとどちらがどちらか分からなくなるくらいには、どちらも綺麗な緑色です。そんな青汁とグリーンスムージーは一体どのような違いがあるものなのでしょうか。

グリーンスムージー

グリーンスムージーというのは小松菜やほうれん草などといった緑色の野菜を中心に、そこにフルーツを混ぜて液体にしたもののことをいいます。グリーンスムージーは一般的なスムージーとは違って、常温で飲まれることの方が多いようです。ちなみにグリーンスムージーは海外発祥のものなので、なんとなくオシャレなイメージがあるのも特徴かもしれません。

コストで見る2つの違い

健康というのは1日2日でどうにかなるものではなく、継続こそが力となるので、毎日飲むもののコストパフォーマンスというのはとても大切なものです。そこで、青汁とグリーンスムージーをコストの面で比較してみましょう。

まず青汁からですが、これは粉末になっているものなので、他にかかるコストは水代くらいです。そのため1日2杯飲んだとして、コストはおよそ200円程度になると思います。これに対してグリーンスムージーは季節によって振り幅があるので何とも言えないのですが、いくつかのフルーツを用意しなければならないため、400円程度はかかると思っておいていいでしょう。

このように青汁と比較してみると、グリーンスムージーはコスト的に高めになっており、これを毎日続けるとなるとどうなのかと思ってしまうところはあります。さらに先ほども書いた通り、グリーンスムージーは価格の変動が激しい上に買いだめということができません。そのため、毎日続けるのには買い物の量を増やさなくてはいけないというデメリットもあるのです。

ちなみにグリーンスムージーを作るのには、ブレンダーという機械が必要なため、持っていない場合はこれを購入する必要があります。これ自体の価格もあるのですが、手入れが面倒だったりする面もあるので、注意しておきましょう。

カロリーと必要量

見た目がそっくりな青汁とグリーンスムージー、その大きな違いはフルーツの有無ということになるでしょう。グリーンスムージーにはフルーツが入っているため青汁よりも飲みやすいというメリットはあるものの、カロリーの点で落とし穴が存在しています。

何故ならフルーツが入ることによって、グリーンスムージーのカロリーは大幅に増えてしまうのです。その量は平均して青汁の10倍程度とされているので、ダイエット目的で考えるのであれば、グリーンスムージーよりも青汁のほうが向いていると言えます。さらにグリーンスムージーは毎日1リットル程度の摂取となっていることが多く、結構な負担になることもあるようです。

結局どっちがいいの?

青汁とグリーンスムージー、どちらが完全に優れているということはありませんが、どちらかといえば青汁のほうがオススメです。何故ならコストの面でもカロリーの面でも青汁に分があり、いちいちグリーンスムージーを作ることなどを考えても、やはり青汁のほうが手軽でしょう。ただし、青汁は飲みにくさがあって、どうしても飲めないという場合はグリーンスムージーを飲んでみるのもいいかもしれません。グリーンスムージーであれば、フルーツの栄養も摂取することが出来るのも嬉しい所です。

このような感じで、青汁とグリーンスムージーには違いがあります。とにかくダイエットにしても健康維持にしても、継続こそが大切なことなので、どちらのほうが自分は続けられるのかということを最優先事項にしてから、どちらを飲むか決めるといいかもしれません。

健康に必要な栄養比較で圧倒的勝利!神仙桑抹茶ゴールド

© 2020 青汁健康ナビ All Rights Reserved.