1. HOME
  2. 青汁をもっとよく知ろう毎日続けたいから青汁の値段は安いほうが良い!でも中身も大切

毎日続けたいから青汁の値段は安いほうが良い!でも中身も大切

毎日続けたいから青汁の値段は安いほうが良い!でも中身も大切

青汁は毎日続けるからこそ効果があるものということもあり、まとめて買っておくことを考えると、どうしても安いものにしておきたいという気持ちが強くなります。しかし、安かろう悪かろうという言葉がある通り、安いものにはやはり何かしら問題点があったりします。もちろん全てがそうというわけではありませんが、警戒しておくにこしたことはありませんので、しっかりと確認しておいてください。

安い青汁ってどうなの?

最近青汁ブームが進んでいるためか、100円ショップでも青汁を目にすることがあります。しかも、ひとつ100円では無く、100円で4つも5つも入っているというのだから驚きです。そんな安い青汁は一体どうして安いのかというと、まず味の問題があります。安い青汁というのは、総じてあまり味がいいとは言えません。これは飲みやすいように改良されていないためで、自分でどうにか飲みやすいように改善する必要があるでしょう。

それに安く売られている青汁には、原産国が書いていないことがあります。一応パッケージの裏を見てみると、国内で加工、といったことは書いてあるのですが、これは国産の原材料を使っているという意味ではありませんので気を付けておいてください。海外の原材料が悪いというわけではありませんが、やはり安心して飲みたいのであれば国産のものにしておきたいところです。

また、農薬や添加物についての表記もほとんど見ることが出来ず、おそらく書いていないということは使っていると思っておいた方がいいでしょう。このように安いものには安いなりの理由があって、青汁としての栄養価も一般的なものと比べると劣る部分があると思われます。

どのくらいの青汁オススメ?

では一体いくらの青汁ならいいのかというと、明確に答えがあるわけではありません。何故ならいくら高くても悪い青汁はありますし、その逆だって存在しています。それでもあえて値段で考えるのであれば、1回分80~100円くらいが安心できる青汁のボーダーラインかもしれません。このくらいの価格であれば、良いものという可能性も高く、実際に無農薬栽培の原材料を使用していることも多いのです。さらに国産の原材料を使っていることなど成分表記がしっかりしています。

もちろんこれは一例の話で合って、全ての商品がこうというわけではないので、値段を考慮したうえで農薬や添加物は使われているか、さらに国産の原材料か、このあたりをホームページやパッケージで確認しておきましょう。青汁は値段よりも中身が大切なものですので、こういった確認作業をしておかないと後悔してしまうことになるかもしれません。

価格が安すぎる偽物?

価格があまりにも安い青汁の中には、偽物のような存在もあることに注意しておいてください。確かに青汁は野菜を絞ったもののことなので、偽物が明確にあるわけではありませんが、物によっては原材料や原産地を偽装していたりするのです。特に原産地については、こちらから調べにくいのをいいことに、言いたい放題言っている場合もあります。こういった偽物のようなものは、やはり値段が安いものに多くなっており、値段につられてホイホイと購入してしまうと、飲んでから「あれ?」と思うことがあるかもしれません。

青汁の効果というのは長く続けて初めて分かるものなので、実際に悪いものかどうかというのは非常に分かりづらいので、安物に騙されていても気が付かないことも多いのです。こういったこともあり、青汁のあまりにも安いものは避けておいた方が無難でしょう。一定以上のクオリティを持った青汁というのは、いくつかの工程を踏んで作られているので、あまりにも安い価格設定にはできないはずなのです。

健康に必要な栄養比較で圧倒的勝利!神仙桑抹茶ゴールド

© 2020 青汁健康ナビ All Rights Reserved.