1. HOME
  2. 青汁をもっとよく知ろう青汁を購入する時は添加物の入っていないものが安全でお勧め

青汁を購入する時は添加物の入っていないものが安全でお勧め

青汁を購入する時は添加物の入っていないものが安全でお勧め

科学の発展とともに食料品にも化学品が使われるようになった昨今、安心して食べたり飲んだりすることができるものとは何なのでしょうか。それはとても簡単なことで、無添加のものを選んでおけばいいだけです。青汁でもそれは同じことです。

青汁の添加物とは

添加物というのは、食品が腐ってしまうのを防止したり、味を整えたり、舌触りをよくしてくれたりと、とにかく食品を食べやすいようにしてくれる役割をもったもののことを指します。これだけ見ると、さも良いもののように見えるのですが、添加物には最大のデメリットがあるのです。それは単純に体に悪いものであることが多いということ。添加物というのは科学的に作られたものなので、有害とまではいかないものの、あまり好ましくない影響を及ぼす可能性があります。

そんな添加物は青汁にもよく利用されており、代表例としては天然甘味料や人工甘味料といった、青汁独特の飲みにくさを何とかしようという添加物です。そのほかには安定剤や保存料など、とにかく様々な添加物が青汁にも入っている危険性があります。

ちなみに食品添加物が含まれている青汁というのは、それだけ損をしている部分もあるのです。それは添加物が及ぼす体への悪影響ということでは無く、添加物の量だけ青汁の栄養が減っているという部分です。青汁の中身は基本野菜の搾り汁ですが、ここに添加物をプラスすることで野菜の栄養素はその分だけ薄まり、添加物が入っていないものと比べて摂取できる栄養は少なくなってしまいます。

添加物が入ってない青汁はレア?

では添加物が入っていないほうがいいのかといえば、それは当然のことなんですが、これを探すというのは非常に骨が折れる作業なのです。青汁のパッケージを見てみれば分かるのですが、そのほとんどに何かしらの添加物が含まれています。実際青汁の会社に、添加物が入っていないものは作れないのかと聞いてみると、そんなものを作れる会社はかなり珍しいですよ、みたいな返事が返ってくるほどに添加物は青汁業界で常識になってしまっているのです。

添加物の安全性

添加物に安全なものがあると言い切れるわけではありませんが、一応は無害とされているものがあります。それは天然甘味料など天然とついていたり植物から抽出されたりしているものです。これらは天然の素材を使っている添加物なので、人体には無害ということになっています。ですが、添加物は添加物なので、入っていないものを選ぶに越したことはありません。確かに添加物が入っていることで、飲みやすさが上がっているのも事実ですが、別に添加物が入っていない青汁でも飲みやすいものは確実に存在しています。

安心できる青汁選び

青汁を安心して飲むためにも、自分が信じることが出来る青汁を選ぶようにしましょう。まずはパッケージを確認することで添加物の有無を知ることができます。というのもJAS法で青汁のような加工食品は原材料を全て記載しなくてはなりませんので、食品添加物が入っていればここを見た時点でバレバレなのです。特に食品添加物の表記が初めのほうにある青汁というのは、それだけ多くの添加物が含まれているということになるので、気になる人はやめておきましょう。

そんな添加物が蔓延っている青汁業界で、完全に無添加な青汁の中には例えば神仙桑抹茶ゴールドという商品があります。これは無添加だけではなく、無農薬で栽培した桑の葉を使っているので、そういった化学薬品を心配する必要はありません。味のほうもお茶屋さんが作っているだけあって、日本人好みの味に整っています。こういった青汁というのはとても貴重なので、気になったら一度試してみるのもいいかもしれません。

健康に必要な栄養比較で圧倒的勝利!神仙桑抹茶ゴールド

© 2020 青汁健康ナビ All Rights Reserved.