1. HOME
  2. 青汁をもっとよく知ろう青汁を飲んでいると便の色が緑になるのはなぜ?気になる理由とは

青汁を飲んでいると便の色が緑になるのはなぜ?気になる理由とは

両手を顔に当てて驚く女性

青汁を飲んでいると緑色の便が出ることがあり、初めての人は何か悪い病気になってしまったのかと驚くことでしょう。でも大丈夫です。これは、青汁を飲んでいれば誰でも経験することなのですから。

便が緑になる理由とは

青汁を飲んだ際に便が緑になってしまうのは、大量のクロロフィルが含まれているためです。クロロフィルとは葉緑素のことで、植物の光合成時に作られる色素のことでもあります。クロロフィルが体内に吸収されずに腸で便と混ざり合うことで、便が緑色になってしまうのです。便と混ざってしまうといっても、あくまでもクロロフィルが出てしまうだけなので、栄養的には問題ありません。

確かにせっかく取り入れた成分が出ていってしまうのは、何となくもったいない気もしますが、クロロフィルは排泄される前にしっかりと働いてから外に出ていきます。何故なら、クロロフィルの一部はマグネシウムなどの成分となり、その余りが排泄されているだけなんです。

便が緑になる時とならない時

青汁を飲んだ時に便が緑色になる理由はお分かりいただけたと思いますが、これでは便が緑になる時とならない時があることに疑問が残ってしまいます。その理由は、飲んだ時の時間や体調に影響しているんです。例えば、体内の吸収率が良い空腹時などに青汁を飲んだ場合、クロロフィルがしっかりと吸収されて便に混ざる分がなくなり通常の便になりますし、逆に吸収率が悪い状態なら不要なクロロフィルが多くなり便は緑になります。

健康に必要な栄養比較で圧倒的勝利!神仙桑抹茶ゴールド

© 2020 青汁健康ナビ All Rights Reserved.