1. HOME
  2. 青汁をもっとよく知ろううつ病に青汁が効くって本当?精神的にも効果を発揮する理由とは

うつ病に青汁が効くって本当?精神的にも効果を発揮する理由とは

膝を抱えて落ち込む女性

何をやっても集中できずに手が止まってしまう、気分が落ち込んで何もする気が起きない、このような症状の方はうつ病の危険性があります。うつ病は現代病ともよばれており、長引けば自殺につながってしまうこともある恐ろしい病気です。早めにうつ病を何とかしたいとき、実は青汁が効くってご存知でしたか?

うつ病になると?

このような状態になったらうつ病という明確な基準は実は存在しません。よく会社をうつ病で休んでいるのに本当か疑われるケースがあります。これは医師も正確な判断に戸惑ってしまうためなんです。しかし、やる気が出なかったり、不安が強くなった時にはうつ病を疑っていいでしょう。

うつ病になると本当に何もしたくなくなり、部屋に閉じこもるようになってしまいます。食事もろくに採れなくなってしまうので体は衰弱する一方。それもストレスとなり、さらにうつ病が悪化、どこかでこの連鎖を断ち切らなくては一生回復できません。

青汁でうつ病を解消?

うつ病というのは、結局のところ精神が安定しない状態のことです。一説には肉や魚ばかり食べてタンパク質ばかり採っている人ほど、精神的に不安定になりやすく、うつ病に近い所にいると言われています。ですので、精神を安定させるためには野菜を摂取しなくてはなりません。野菜に多く含まれるビタミンなどは人間の体が正常に動くために無くてはならない栄養ですし、他の栄養素も同様です。

特に現代人は嫌いなものは食べないで好きなものばかり食べて育ってきた人が多く、あまり野菜を取ろうとしない傾向にあります。バイキングなどに行くと野菜離れが顕著で、肉料理ばかりが追加されていくのが分かります。そんな食生活をしていれば、精神が安定しないだけではなく、体のあちこちにガタがきてストレスは増えるばかり。一向にうつ病は改善に向かいません。

そこで、テコ入れとして青汁を取り入れてみてはいかがでしょうか。野菜を大量に毎日食べるよりは、よっぽど簡単に栄養を摂り入れることができます。しかも、野菜に栄養がこれでもかというほど凝縮されているので、一杯飲んだだけで1日では食べきれない量の野菜を摂取したのと同じことになるのです。青汁で野菜の栄養を摂り入れれば、肉のタンパク質で安定しなくなっていた精神も次第に安定を取り戻し、心も前向きになってきます。

青汁で自律神経を安定

自律神経の乱れから強いストレスを感じてうつ病になるケースも増えています。自律神経とは体の中で交感神経と副交感神経がバランスを保ってくれているおかげで正常に働いているのですが、実にバランスが絶妙でちょっとした刺激でもバランスが崩壊するのです。そうなると、うつ病のように倦怠感が強くなったり、イライラしてしまったり、やはり精神的に安定しなくなります。

これを解消するには、ビタミンの摂取が一番です。ビタミンというのは、ストレスを感じれば感じるほど消費されていくのですが、精神が安定するためには無くてはならない成分です。要は自律神経安定のためにストレスに負けないくらいのビタミンを取り入れてあげる必要があります。しかも、ビタミンBやCといった複数のものを同時に取り入れる必要があり、野菜で摂取していたのでは追いつきません。ただでさえ自律神経の乱れで食欲は落ちているのです。

とはいえ、青汁の一杯くらいなら飲むことは可能でしょう。それだけでも大量のビタミンを摂取することができるので、自律神経の乱れで消費された分を補い、精神を安定状態に導いてくれます。自律神経の乱れを放置しておくと、うつ病になって社会で生きていくのが辛くなります。その前に青汁を飲んで、不安を解消しておきましょう。青汁を飲み始めるのが遅くなれば、それだけ回復まで時間がかかってしまうので、すぐに行動を始めてみてはいかがでしょうか。

健康に必要な栄養比較で圧倒的勝利!神仙桑抹茶ゴールド

© 2020 青汁健康ナビ All Rights Reserved.