1. HOME
  2. 青汁をもっとよく知ろうこんなにあった!粉末や錠剤、冷凍など青汁の様々なタイプについて

こんなにあった!粉末や錠剤、冷凍など青汁の様々なタイプについて

グラスに入った青汁と氷

青汁について調べてみると様々なタイプがあることに気づきます。粉末タイプや錠剤タイプ、果ては冷凍タイプなんてものまであって、一体どれが一番いいのか分からなくなってしまいます。そこで、タイプごとの特徴をご紹介するので、購入の参考にしてみてください。

粉末タイプ

これが一番メジャーな青汁のタイプと言って差し支えないでしょう。実際に人気も一番あるようで、種類もどんどん増えています。粉末タイプというだけあって、スティックのようなものに細かく挽かれた青汁の粉が入っており、それを水や牛乳に溶かして飲むのです。栄養素が減ってしまうとも言われていますが、最近は加工技術も上がっており、ほとんど遜色なく青汁の栄養素を摂り入れることが出来るでしょう。

料理に混ぜたり、スープで溶かしたり出来るのも面白い所で、いろいろなアレンジを自分なりにすることができます。そのため、工夫していけば飽きがなかなかきません。青汁を飲む際に一番大切なのは飲み続けることなので、これは粉末タイプの大きなメリットでしょう。

持ち運びも便利で、ポケットにも簡単に入るので、出先でミネラルウォーターを購入してサッと溶かして飲むなんてこともできちゃいます。ペットボトルなら振ることができるので、すぐに飲み始められるでしょう。1日程度なら栄養価が損なわれることもありません。

冷凍タイプ

粉末タイプに続いてメジャーな印象があるのが冷凍タイプの青汁です。その名の通り、搾りたての青汁を特殊な方法で冷凍したものとなっています。特徴としては、作ってすぐに冷凍保存をしているので栄養価がほとんど失われていないところでしょう。冷凍した状態というのは劣化が非常に遅いので、まるで搾りたてのような感覚で飲むことができます。

ただ、飲みやすいようにする工夫が難しい製造方法なので、青汁独特の苦みは残っていることが多いです。粉末と違ってアレンジがしにくかったり、出先に持っていけないのもデメリットとなりますが、栄養価を考えれば多少のリスクは仕方のないことかもしれません。購入する際には、冷凍庫に余裕を持った状態で注文してください。届いてから冷凍庫の整理をしていると、せっかくの冷凍保存が溶けて意味がなくなってしまいます。

サプリメントタイプ

サプリメントタイプ、いわゆる錠剤になっている青汁です。昔はあまりなかったのですが、最近のサプリメントブームを受けて登場しました。青汁は独特の風味があるので飲めないという人にはピッタリのタイプとなっています。

ただ、青汁に限らずサプリメントにしてしまうと、添加物が加えられることが非常に多いので余計な成分まで取り入れる形となってしまうのは覚悟しておきましょう。もちろん、無添加のものもありますが、探すとなると一苦労だと思います。青汁で取り入れた栄養素を添加物なんかで台無しにしたくない、という人は他のタイプを購入してください。ただ、飲みやすさだけなら他とは比べ物にならない楽さです。

ジュースタイプ

これも名前のまんま、初めからジュースになっているタイプの青汁です。野菜ジュースを思い浮かべてもらえれば分かりやすいのですが、それの青汁版となっています。基本的に誰でも飲みやすいようになっているのですがカロリーは高めで、添加物が使われていることも多いです。

1つ1つがパックになっているので、毎日飲むとなるとコストも少し高めになってしまいます。しかし、コンビニなどで気軽に購入することが可能なので、青汁が手元にないなんて時にはいいでしょう。どのタイプの青汁にも個性があり、人によってどれが一番合っているのかは違うでしょう。自分の生活スタイルに合わせるならこれだ、という青汁を発見してください。

健康に必要な栄養比較で圧倒的勝利!神仙桑抹茶ゴールド

© 2020 青汁健康ナビ All Rights Reserved.