1. HOME
  2. 青汁をもっとよく知ろう青汁の栄養は吸収されないってホント? 吸収率を上げるポイント

青汁の栄養は吸収されないってホント? 吸収率を上げるポイント

女性がグラスで飲み物を飲んでいる

健康のために青汁を飲んでいても、栄養が体内で吸収されなくては意味がありません。そこで、青汁をより効果的に飲むための吸収率アップの方法をご紹介します。

青汁が吸収されない?

青汁が吸収されずに体の外へ出てしまうことがあるのは事実といえます。ただ、全く吸収されないということでは無く飲むタイミングなどによって吸収率が変わってくるので、青汁の栄養を余すことなく吸収できないことがある、ということです。この際青汁の栄養素は尿や汗なんかと一緒に体外へ排出されるようなので、きちんとした方法で青汁を飲むように心がけましょう。

青汁の吸収率を上げるには?

青汁の吸収率を上げるためには、一番体が栄養を吸収しやすいタイミングで飲むのが一番です。そのタイミングというのが、朝起きたときや、昼食や夕食の直前。いわゆる空腹時となります。空腹時の人間の体内はいつでも栄養を受け入れられる体制となっており、そこに青汁を投入してあげることで、栄養が余すことなく体内に取り込まれていくでしょう。

何も入っていない状態の胃に青汁を入れてあげることで、消化活動も始まるので尚更栄養を吸収しやすい状況を作り出すことができます。これと同時に、青汁を牛乳に溶かして飲んでみてください。そうすることで、水で溶かすよりも吸収率がアップするんです。青汁の中には水に溶けにくい栄養素が入っていることもあるので、たまには水以外のもので溶かして飲むようにして見ましょう。

一日の目安量を守ることも大切

青汁は健康にいいもの、体への吸収率をアップさせたい。そう思うあまり何杯もがぶがぶと飲んでしまいがちですが、飲めば飲むほどいいのかというと決してそうではありません。青汁のなかには食物繊維が配合されていることから、あまりに多く摂取しすぎることで逆にお腹がゆるくなってしまうこともあります。便秘だからちょうどいいわ、と思われるかもしれませんが、必要な栄養まで身体の外へ流してしまっては意味がありません。一日の適切な量を守ることも大切なのです。

先ほども言ったように飲むタイミングも非常に重要になるため、できれば青汁の栄養を効率よく体に取り入れるためにも「毎日同じ時間に飲み続ける」ということを意識してみてください。朝なら朝、夜なら夜、といったように、決まった時間に飲むことでしっかり体に必要な栄養を届けることが出来ます。

また水に溶かして飲むだけでなくサプリメントや、自分に合った飲み方を選ぶことも考えてみましょう。自分に合わない方法を続けるのは難しいもの。栄養がどうだとかそういったものだけにとらわれず、自分に一番マッチした方法をちょいすることが本当の意味で吸収率をアップさせるのです。

健康に必要な栄養比較で圧倒的勝利!神仙桑抹茶ゴールド

© 2020 青汁健康ナビ All Rights Reserved.