1. HOME
  2. 青汁をもっとよく知ろうアトピー性皮膚炎に青汁が効くって本当? 効果の秘密とは

アトピー性皮膚炎に青汁が効くって本当? 効果の秘密とは

女性の背中

肌がかゆくて夜も眠れないアトピー性皮膚炎は放置しておくと肌がボロボロになって外にも出たくなくなります。そんなアトピーの症状をもしも和らげることが出来れば、これ以上に幸せなことは無いでしょう。今回はアトピーのために効果があると言われる青汁についてお話します。

アトピーの原因って?

アトピーの原因が分かれば解決も早いのでしょうが、実はまだ原因がこれと分かっていないんです。一言にアトピーと言っても症状にも差があり、本当に同じアトピーなのかと疑問に思うほど。一応研究の結果から見ると、アトピーの原因はひとつではなくて、様々な原因が折り重なって初めて肌が赤く痒くなると言われています。

皮膚のバリア機能が低下していたり、自律神経が乱れていたりする際に発生しやすいとも言われており、本当に原因は多種多様なものになっているのです。そのため、アトピー改善にはひとつひとつ要素を排除していく必要があります。

腸からアトピーを対策

アトピーの原因の一つと言われる腸内の善玉菌の低下を食い止めるには、腸内環境を改善してあげなくてはなりません。そもそも腸は体の中でも最大の免疫があると言われており、実際免疫細胞の6割は腸に存在しているんです。そんな腸内の環境が悪くなれば、アトピーとして皮膚に悪影響が現れてもなんら不思議ではありません。

腸内の環境を整えてあげるには、まず青汁に含まれている食物繊維が必要です。食物繊維は腸で善玉菌を応援してくれますし、無駄に溜まってしまった老廃物まで取り除いてくれます。まさに腸のために存在している成分のようで、青汁にはたくさん含まれているんです。野菜で取ろうとするとうんざりしてしまう量ですが、青汁ならお手軽でしょう。

そうやって食物繊維を摂取すると、腸では善玉菌が優勢になり腸内環境が改善していき、アトピーの症状も一緒に緩和していきます。ただ、善玉菌の数が少ないと、せっかくの食物繊維の効果も半減してしまうので青汁と一緒にヨーグルトも食べましょう。苦手だという人は、納豆やみそでもいいのですが、何にせよ善玉菌を腸に送りこんでおく必要があります。ヨーグルトで腸の中の善玉菌を増やし、青汁の食物繊維でそれを強化する、イメージ的にはそんな感じでしょう。ちなみに、食物繊維が多く含まれている青汁は、桑の葉や大麦若葉のものです。

ビタミンで皮膚バリア

アトピーになってしまう人は、皮膚のバリア機能が低下しているのでしょう。これは日常的に低下してしまうものなのですが、ビタミンを取り入れてあげれば回復させることができます。例えば、アトピーになる前から肌がガサガサになっていませんでしたか。それは確実に皮膚のバリア機能が低下している証拠です。そんな状態の肌を放置しておけばアトピーになっても仕方ありません。

ビタミンもバランスよく摂取することが大切なのですが、青汁ならほとんどのビタミンを含んでいるので、難しいことを考えずに摂取出来て非常に楽です。アトピーの改善ができるだけでは無く、ビタミンの効果で肌がつやつやになります。

緑黄色野菜が免疫をつける

アトピーは結局のところアレルギーの一種ですから、体内の免疫力をつけてあげるのも大切です。基本的に免疫力をつけてくれるのは、緑黄色野菜に含まれるビタミンやミネラル。これらによって免疫力が内側から高まり、アレルギーに強い体を作ってくれます。

しかも、これらの成分には解毒効果もあるとされ、体内に溜まってしまったアレルゲンを体外へ排出してくれるのです。免疫をつけてくれるだけではなく、排出までおこなってくれる素晴らしい成分と言えるでしょう。アトピーに限らずアレルギー全般に強くなるので、花粉症の症状なんかも緩和されます。

健康に必要な栄養比較で圧倒的勝利!神仙桑抹茶ゴールド

© 2020 青汁健康ナビ All Rights Reserved.