1. HOME
  2. 青汁をもっとよく知ろう青汁はホットで飲むと栄養素が失われる?お湯割りのポイント

青汁はホットで飲むと栄養素が失われる?お湯割りのポイント

湯気が出ている黒いカップ

青汁はホットで飲めないという話をよく耳にしますが、これって本当なのでしょうか。そして、お湯割りが出来るなら、そのポイントとは。徹底的に解明していきましょう。

青汁はホットで飲めない?

青汁に含まれているいくつかの栄養素は熱に非常に弱く、特にビタミン類なんかは加熱すると栄養素が失われてしまいます。そんな青汁をホットで飲むということは、それらの成分が失われてしまうということなのですが、これには例外があるのです。

というのも、青汁には加熱処理と非加熱処理という製造方法があり、どちらの方法で作られたのかによってホットで飲めるのかが変わってきます。例えば非加熱処理のものはホットで飲むとビタミンを中心とした栄養が失われてしまいますが、加熱処理されていればホットでも栄養が少ないんです。

お湯割りのポイント

加熱処理がされていても、されていなくてもホットで飲めるお手軽な方法をご紹介しましょう。それは、青汁の栄養素が失われない程度の熱さのお湯を使うということです。基本的に青汁の栄養が失われてしまう温度というのが80度。これを超えてしまうことで、栄養は失われていきます。

ですので、80度に満たない70度程度のお湯で割ってあげれば栄養を損なうことなくホットにすることが出来るんです。70度といえば、ホットコーヒーを入れるのに最適な温度でもありますので、そんなにぬるさを感じることもありません。むしろ、一番人間が飲みやすいくらいの温度ですので、割ってすぐに飲むことが出来るでしょう。

お湯で飲むことのメリットは他にもある

青汁はホットでも飲むことが分かりましたが、青臭いというイメージをお持ちの方も多いため「飲みにくくなるのでは?」と気になる方もいるでしょう。

全てとは言いませんが、最近は多くの青汁が香りも含めて飲みやすさにこだわっているため、ホットで飲んでもそれほど問題がない場合が多いです。むしろ緑茶や抹茶のような香ばしさを感じさせてくれるものも少なくありませんので、そういった先入観はあまり持ちすぎない方がいいかもしれません。

また青汁をホットで飲むメリットとして、冷え性が気になる方にもお腹に優しいのでは、ということがあげられます。お水で飲むとどうしても冷たく感じてしまうという場合も、温かい青汁ならポカポカ気分で飲むことが出来ます。ほっとリラックスにも繋がりますので、是非そちらの気分をお求めの方も試してみてはいかがでしょうか。

青汁はこうやって飲まなければならない!という決まりはありません。自分なりに工夫してみるなど、飲み方は様々な方法があります。沸騰しない程度の温かさで飲む青汁、これもまたひとつのやり方です。栄養を損ねないように、美味しく飲めるように、色々と考えてみるのもいい機会です。

健康に必要な栄養比較で圧倒的勝利!神仙桑抹茶ゴールド

© 2020 青汁健康ナビ All Rights Reserved.