1. HOME
  2. 青汁をもっとよく知ろう葉酸の量はどれくらい?青汁に含まれている葉酸と効果について

葉酸の量はどれくらい?青汁に含まれている葉酸と効果について

指さしをしている女の子

青汁に葉酸が含まれていることは有名な話ですが、具体的にはどのくらい含まれているのでしょう。また、葉酸を摂るメリットとはなんなのでしょう。今回はこれらについて解説します。

青汁に含まれる葉酸の量はどれくらい?

青汁に含まれている葉酸量は、どんな青汁でも一律というわけでは無く、青汁の原料になっている野菜や商品によって変わってきます。たとえば、ケールや小松菜が原料であれば100μg程度、ヨモギや桑なら200程度、そして大麦若葉なら650と野菜によってこんなにも違いがあるのです。

葉酸が特に必要とされる妊婦さんが、1日に摂取したほうがいい葉酸の量は400μgとされているので、大麦若葉なら余裕で越していますし、ヨモギなら2杯飲めば大丈夫でしょう。もちろん、食事からも摂取できるので、それを補う形で桑などの青汁を飲むのもおすすめです。

葉酸の効果は?

では、青汁に含まれている葉酸を摂取するとどうなるのでしょう。まず、葉酸が多く必要とされる妊婦さんが摂取した場合は、赤ちゃんに悪影響が及ぶ可能性を大幅に下げてくれます。たとえば、先天異常などの恐ろしい障害のリスクを減らすことができ、妊婦さんならこんなに嬉しいことはありません。

さらに、女性の多くが悩んでいるという貧血の予防にもなりますし、老化からくる認知症も同時に予防できるのです。他にも皮膚や粘膜の強化までしてくれるので、摂取しておいて損をすることはありません。青汁には葉酸以外の栄養も豊富。葉酸と共に健康への近道を示してくれるでしょう。

健康に必要な栄養比較で圧倒的勝利!神仙桑抹茶ゴールド

© 2020 青汁健康ナビ All Rights Reserved.