1. HOME
  2. 青汁をもっとよく知ろうキューサイの「はちみつ青汁」の特徴と口コミ

キューサイの「はちみつ青汁」の特徴と口コミ

キューサイの「はちみつ青汁」

キューサイから発売されている「はちみつ青汁」はこだわりのはちみつを混ぜ、さらに様々な野菜を配合したという青汁です。そんな「はちみつ青汁」の特徴とは一体どのようなものでしょう。口コミと一緒に紹介します。

はちみつ青汁は3種の野菜を配合

キューサイのはちみつ青汁には、主に3種類の野菜が配合されています。その3種類というのが、大麦若葉、ケール、よもぎとなっています。これらには別々の栄養が含まれており、大麦若葉には主に鉄分や食物繊維、ビタミンEなど、貧血や口内炎を予防したり便秘を解消してくれたりという効果を持っている栄養素。ケールにはβカロテンやカリウム、カルシウムといった骨を生成したり、血圧を下げてくれる栄養素が含まれているのです。

そして、よもぎは2つの野菜に含まれる栄養と共にクロロフィルという発がん抑制成分が含まれています。このような3種類の野菜を配合しているので、はちみつ青汁を飲むだけで様々な恩恵を受けることができ、健康面で不安を抱いている人に大変効果的です。どの野菜も国産にこだわっており、安全性が高いのも特徴でしょう。

はちみつと乳酸菌も配合

商品名がはちみつ青汁ということで、当然はちみつが配合されています。しかも、使われているはちみつは誰もが耳にしたことのある「山田養蜂場」のはちみつです。そのため、安全性はもちろん栄養価もバッチリでしょう。さらに、青汁では珍しい乳酸菌も含まれており、腸の活動を活発にしてくれることが期待できます。

そして何よりもはちみつと乳酸菌が同時に配合されている、という部分が注目ポイントです。というのも、乳酸菌は腸の中に入ると善玉菌をサポートするのですが、悪玉菌が多すぎると乳酸菌だけでは太刀打ちできないことがあります。

そこに、はちみつの栄養素であるオリゴ糖が加われば、善玉菌のサポートがより強力になり、悪玉菌の量を確実に減らして腸内環境を改善してくれるのです。腸内環境が改善されることにより、便秘体質の人も便秘になりにくい体へと変化します。便秘で困っている人には特におすすめの成分たちとなっています。

味は苦くて粉っぽい?

はちみつ青汁の味については、あまり良いとは言えません。こだわりのはちみつが配合されているので、甘くておいしいと想像されるかもしれませんが、実際に飲んでみるとかなり粉っぽく青臭さが強くなってしまっているようです。そもそもケールの配合されている青汁は青臭さが残ってしまうことで有名なので、致し方ない部分もあるとは思いますが、青汁特有の匂いや味が苦手な人には辛いものがあるでしょう。

さらに、水や牛乳に溶けにくいということもあり、舌に粉っぽさが残ることも。これについてはシェイカーで解消できるようですが、それでも結構な強さで混ぜないとダメなようです。

はちみつ青汁の口コミは?

はちみつ青汁の気になる口コミは「あの山田養蜂場のはちみつ入りなのでマイルド」「混ぜ方が悪かったのか口の中にザラザラした感覚が残ります」「はちみつの甘さが感じられずケールの苦味が強いです」と意見が割れるものの、やはりケールの味について、そして粉っぽさについての悪い評判がいくつか見られます。

「水で割るよりも牛乳やフルーツジュースで」「豆乳や料理に入れても美味しい」など、自分なりのアレンジを加えながら飲んでいるという口コミも多く、そのまま飲むよりもアレンジを加えた方が美味しいようです。

これらのことから、はちみつ青汁は自分なりのアレンジをすることが出来る人向けと言えるでしょう。便秘解消や野菜不足解消にぴったりという口コミもあり、実際にそれだけの成分が含まれているので、味を何とか出来る人にはおすすめの商品です。

健康に必要な栄養比較で圧倒的勝利!神仙桑抹茶ゴールド

© 2020 青汁健康ナビ All Rights Reserved.