1. HOME
  2. 青汁をもっとよく知ろう朝と夜、どっちがおすすめ?青汁を飲む時間別の効果まとめ

朝と夜、どっちがおすすめ?青汁を飲む時間別の効果まとめ

シンプルな時計の画像

青汁を飲み続けている人の大半は、既に青汁を飲む時間帯を決めていることでしょう。しかし、一度飲むタイミングを見直してみませんか。実は青汁を飲む時間によって効果が変わってくるんです。

青汁を朝飲んだ場合

青汁を朝飲むことで期待される効果は、主に栄養浸透と便秘解消です。何故そのような効果があるのかというと、朝起きたての状態だとお腹の中が空っぽのため、どんな栄養でも体がすぐに吸収を始め、青汁の栄養を余すことなく体内に浸透させることができます。

そして、朝一番で青汁を飲むことで食物繊維が胃の中で便を大きくして刺激を与えてくれるため、溜まっていた便をスルッと排泄することが出来るのです。こういった理由から、便秘気味だという人や、朝の栄養補給がしたい、という人は朝起きたての状態で青汁を飲むようにするといいでしょう。

青汁を夜飲んだ場合

いくつかの青汁には、メラトニンと言って睡眠導入を促してくれる成分が含まれています。そのため、夜飲むことで不眠体質の人もメラトニンの力で眠ることができるでしょう。

実際に青汁は不眠解消効果が強いとされる飲み物ですので、毎晩飲み続けることで不眠を根本的に改善できるかもしれません。ちなみに、このメラトニンというのは摂取して速攻で効果が現れるものでは無いので、寝ようと思っている時間の1時間くらいには青汁を飲むようにしてください。そうすることで、寝る時間にちょうどよくメラトニンの効果を受けることができ、深い睡眠に簡単に入ることができます。

健康に必要な栄養比較で圧倒的勝利!神仙桑抹茶ゴールド

© 2020 青汁健康ナビ All Rights Reserved.