1. HOME
  2. 青汁をもっとよく知ろう不足しがちなミネラルを青汁で摂る!マグネシウムやカルシウムの効果

不足しがちなミネラルを青汁で摂る!マグネシウムやカルシウムの効果

ミルククラウンの画像

日本人が毎日の食事で不足しがちな栄養素の代表であるミネラル。これにはカルシウムやマグネシウムといった、人間が活動するためには欠かせない栄養素が含まれています。そんなミネラルの補給が一体どのような効果をもたらすのか、見ていきましょう。

カルシウムとマグネシウムは同時摂取

カルシウムといえば、イライラを解消したり骨を強くしてくれることで有名なので知っている方も多いでしょう。カルシウムは牛乳などに多く含まれており、体内に入ると骨の生成を始めます。ただ、カルシウムだけでは骨の生成は完璧にならず、この時マグネシウムの力も必要になるのです。

同時に、マグネシウムはカルシウムが動脈の中に沈殿してしまうのを防ぐ効果もあり、同時摂取することで心筋梗塞や脳梗塞などの予防になります。こういった理由からカルシウムとマグネシウムは同時に摂取して、体内でバランスよく保有することが大切ですが、残念なことに大半の日本人はバランスがとれていません。何故ならば、一般的な食品に含まれているマグネシウムは微々たるもので、食品からの摂取が難しいためなのです。

しかし、理想のカルシウムとマグネシウムの比率は2:1となっており、摂取したカルシウムの半分量のマグネシウムを摂取しなくてはなりません。それを現実にしたのが青汁というわけです。ちなみに、カルシウムとマグネシウムには精神状態を安定させてリラックスさせたり、緊張をとぎほぐす効果もあるので、ストレスを抱えている人ほど摂取してほしい栄養素でもあります。

カルシウムが体内を正常に保つ

カルシウムの効果は骨を作るだけではありません。カルシウムには体内で心臓と筋肉の働きが正常になるよう、作用してくれるという特性もあるのです。さらに、何かの理由で出血が起きた際にはそれを固めて傷を塞いでくれたり、胃液の分泌量が過剰であれば抑えてくれたり、ホルモンバランスと唾液の量を調整してくれたり、キリがないほどの働きをしています。

ようはそれだけカルシウムは人間が生きるために欠かせない栄養素。骨のイメージが強いですが、体内すべてのことを考えて摂取をするようにしましょう。逆にカルシウムが不足してしまうと、筋肉が上手く動かなかったり、いくつかの病気のリスクが高くなるとされています。

マグネシウムが疲労回復

あまり知られていませんが、マグネシウムにはエネルギーの代謝を強くする効果があります。これによって疲労回復効果が期待され、実際に摂取量が多ければ少ない睡眠時間でも目覚めの感覚が全く違うのです。

さらに、筋肉の働きを上手い具合に調整して、筋肉痛を防いでくれる効果も持っています。そのため、激しい運動の後に摂取しておけば多少は痛みを和らげることができるでしょう。

他にもマグネシウムには血が血管の中で固まるのを防ぐ効果があり、これが一番重要かもしれません。何故なら、マグネシウムが不足して血管が詰まってしまうと、血流が悪くなり、最悪の場合は動脈硬化からの心筋梗塞などの恐れがあるからです。これは上記で説明したように、カルシウムが付着しても引き起こされるので、カルシウムの沈殿防止と血液が固まることの予防という2つのパワーで動脈硬化を予防してくれます。

ミネラル摂取は青汁で!

これらのミネラルを効率よく摂取するには、すでに上記の項目で少し触れましたが、青汁が最も優れています。何故なら、カルシウムはマグネシウムとの摂取が重要となっており、これらを同時に含む食品はそう多くはないからです。

青汁にはこういったミネラルの他にも、カリウムやナトリウム、鉄分やビタミンも含まれており、様々な効果を与えてくれます。毎日の摂取が楽なのも、青汁のメリットと言えるでしょう。ただし、青汁によって含有されている成分は違うので、自分の摂取したいミネラルの含有量には注意してくださいね。

健康に必要な栄養比較で圧倒的勝利!神仙桑抹茶ゴールド

© 2020 青汁健康ナビ All Rights Reserved.