1. HOME
  2. 青汁をもっとよく知ろう青汁の原料になるモロヘイヤってどんな野菜?成分や効果とは

青汁の原料になるモロヘイヤってどんな野菜?成分や効果とは

ザルに乗せられたモロヘイヤ

青汁の原材料の中にモロヘイヤという、あまり聞きなれない野菜を見つけることができます。しかし、モロヘイヤって一体どんな野菜なんでしょう。

モロヘイヤってどんな野菜?

モロヘイヤというのは、中近東で作られているという野菜で、古代エジプトではモロヘイヤによって治療の難しいとされた病気が治ったという話まであります。モロヘイヤは王様の野菜の意味も持っており、かの有名なクレオパトラもモロヘイヤを欠かさず食べていたそうです。

モロヘイヤの成分は?

モロヘイヤに含まれる主な成分はカロテンやいくつかのビタミン、そして忘れてはいけないのがムチンと呼ばれるネバネバした成分です。このほかにはカルシウムやミネラル、鉄分などを含んでおり、青汁の原材料となるだけのことはあって、栄養が非常に豊富ということが分かります。

モロヘイヤの効果は?

さて、一番気になるモロヘイヤの効果はといえば、それは美肌効果です。先ほど紹介したムチンには肌の粘膜を保護する効果があり、特に冬場は感想しがちな肌を保湿してくれます。そのため、モロヘイヤを食べると肌がびっくりするくらい潤っているのが分かるでしょう。

さらに、ムチンには便秘を解消させたり、疲労を回復する効果まであります。もちろんムチンだけでなく、カルシウムやビタミンも美肌や疲労回復の助けをしてくれるので、同時に摂取できるモロヘイヤは非常に効果的。さすがは古代エジプトのクレオパトラが愛用していただけのことはあります。

健康に必要な栄養比較で圧倒的勝利!神仙桑抹茶ゴールド

© 2019 青汁健康ナビ All Rights Reserved.