1. HOME
  2. 青汁をもっとよく知ろうやずやの「養生青汁」の特徴と口コミ

やずやの「養生青汁」の特徴と口コミ

やずやの「養生青汁」

やずやから発売されている「養生青汁」は、青汁の中でも知名度があり、あのやずやが作っているという安心感からも大ヒット商品となっています。しかし、いくら大ヒットだからとっても特徴が分からなければ自分にぴったりかも分かりません。今回はそんな「養生青汁」の特徴と口コミをまとめてみます。

養生青汁は国産大麦若葉を使用

やずやは原材料にこだわることで有名な会社。そんなやずやの養生青汁には純国産、大分県で作られた六条大麦若葉が使用されています。青汁には本当に様々な商品があるので、ものによっては外国の野菜が使われていることもあるのです。外国の野菜が悪いということも無いのですが、やはり輸入されてやってきたものよりも、日本で採れてすぐに加工した商品のほうが鮮度は高いでしょう。

しかも、やずやは鮮度を少しでも落とさないよう、朝摘みにこだわって収穫しているようです。そんな大分県産の六条大麦若葉には、豊富なビタミンBやクロロフィル、いくつかのミネラルが含まれています。

クロロフィルというのは聞きなれないかもしれませんが、実は貧血改善、美肌、デトックス、体内殺菌、とたくさんのメリットを持った栄養素なんです。これは確証のある話ではありませんが、最近の研究ではがんの予防にもなるのでは、とも言われています。ビタミンBについては細胞の代謝を促進してくれるので、皮膚のターンオーバーや育毛に効果的でしょう。

加工方法にもこだわりが!

やずやの養生青汁は国産の原材料だけでなく、その加工方法にもこだわりを持っています。というのも、養生青汁に使われる大麦若葉は収穫されてすぐにローラーですりつぶし、それによって水分を飛ばすことで粉末状にしているのです。

これによって栄養素を吸収する際、邪魔になるセルロースという邪魔な成分を破壊。必要な栄養素だけをしっかり摂りいれることが出来るでしょう。これはやずやだからこその、こだわり製法。いかに国産の野菜の栄養を無駄にしたくないかが伝わってきます。

味についてはもうひと頑張り

養生青汁はこだわりの原材料と加工方法まではいいのですが、問題となるのはその味です。一部では匂いだけで飲む気が失せるとも言われており、何かしらのアレンジを加えないことには本当に飲むのが辛い仕様となっています。

本来ならば大麦若葉の青汁は飲みやすいとされているのですが、最も飲みにくいケールの風味がするともささやかれており、いかに不味いかが伺えるでしょう。ただ、これは添加物などを一切加えずに、消費者のことを考えてくれていると思えば、良い意味に捉えることもできます。味については人によって感じ方の違いも多少はあるので、一度どのくらいまずいのか飲んでみるのもありでしょう。

気になる口コミは?

青汁の口コミというのは、もともと味についての意見が集まりやすくなっています。しかし、養生青汁はそんな青汁の中でも、ずば抜けて味についての意見が多いと言えるでしょう。

「美味しくないものほど体にいい」「味がダメ」のように、美味しく飲めていない方がおおいようです。ただ「抹茶風味でいける」「はちみつを入れると美味しい」などの意見もあるので、人によっては美味しく感じることもあり、やはり味覚は人によって違うということを思い知らされます。「シェイカーがついているのが嬉しい」という口コミも発見でき、確かに初回なら専用のシェイカーがついてくるようです。

青汁は商品によって非常に溶けにくく、ダマになってしまいがちなので、地味に嬉しい特典です。やずやのこだわりについては、他のメーカーと比べ物にならないくらい努力が感じられるので、味さえクリアできる方ならこれ以上の青汁は無いかもしれません。

健康に必要な栄養比較で圧倒的勝利!神仙桑抹茶ゴールド

© 2019 青汁健康ナビ All Rights Reserved.