青汁ランキング比較 口コミ・評判
  1. HOME
  2. 青汁の効果効能
  3. 美白

美白

青汁にもうれしい美白効果が!

「シミが増えてきた」「お肌が全的にくすんで透明感がない」「毛穴が黒ずんで見える」など、年齢を重ねるとこのようなお肌の悩みが増えてきますよね。そのため、毎日のスキンケアに美白アイテムを取り入れている人も多いのではないでしょうか。健康食品としてブームとなった青汁にも、美白効果が期待できるのをご存知ですか?ここでは青汁の美白効果を中心にご説明していきます。

お肌のターンオーバーが低下する

そもそもシミやくすみ、毛穴の黒ずみの原因とはどんなものでしょうか?それぞれいくつかの要因やメカニズムがありますが、原因を大きなくくりでまとめると「ターンオーバー異常」と「酸化」に分けることができます。

ターンオーバー異常というのは、お肌の新陳代謝がうまく機能しないということです。通常、お肌は約1ヶ月の周期で古い角質から新しい角質へと生まれ変わり、古い角質は毛穴の外にはがれ落ちます。ところが、加齢やメラニン色素の増加などの理由でターンオーバーが低下すると、排出されるべき古い角質やメラニン色素が肌内部に溜まってしまい、そのまま蓄積されてしまいます。これがお肌のくすみやシミを引き起こしているのです。

定期的に抗酸化物質を補給しよう

一方、酸化というのは体の内側で活性酸素が増加することを意味します。活性酸素はある程度必要な物質ではあるものの、増え過ぎると自分の体を過剰に酸化させて、お肌や臓器にダメージを与えてしまいます。特に、お肌の大敵である紫外線を浴び過ぎると体内の活性酸素が過剰に増え、お肌のシミやくすみを発生させやすい状態になります。

そのため酸化を防ぐ物質、つまり抗酸化物質を食べ物などから補給することが効果的なんです。活性酸素が増えるのは年齢による要因もありますが、疲労やストレス、睡眠不足、偏った食生活なども影響します。活性酸素を発生させる要因が一切ない生活というのはあり得ませんので、意識的に規則正しい生活を心がけると同時に、抗酸化物質を補うことが必要です。

ビタミンとポリフェノールで美白効果アップ

では、このような肌トラブルに作用する青汁の美白効果とはどのようなものでしょうか。まず、第一に挙げられるのはビタミンCです。ビタミンCは多くのスキンケア用品にも使われているため美容効果はご承知のとおりですが、シミの原因となるメラニン色素の生成を抑制したり、表面化したメラニン色素を薄めてくれる作用もあります。また、ビタミンCはビタミンEと一緒に摂るとさらに美白作用がアップするため、青汁のように多くの栄養素が配合されている食品は効果的です。

また、抗酸化物質として知られるポリフェノールも青汁には多く含まれています。ポリフェノールにはたくさんの種類がありますが、ケールや大麦若葉、桑の葉といったメイン素材にも各種ポリフェノールがたっぷり。美白などの美容効果はもちろん、動脈硬化予防やコレステロール値のコントロールなど、生活習慣予防を中心とした健康効果にも優れています。

あらゆる角度から美白をサポート

そして、青汁の中で特にターンオーバー異常に作用するのは葉酸です。葉酸は水溶性ビタミンのひとつでビタミンB群の一種です。葉酸は、ほうれん草やモロヘイヤ、ブロッコリーなどの緑黄色野菜や、レバーやフルーツなどに含まれる成分で、お肌のターンオーバーを促進します。葉酸は特に妊娠中の女性に不足しがちな成分と言われています。

お肌の状態は睡眠の質にも大きく左右されます。眠りにつく時には睡眠を司るホルモンが分泌されますが、中でもメラトニンというホルモンは安眠に効果的なんです。青汁の種類によっては、メラトニンという安眠物質が含まれているものもあるんですよ。このように青汁はあらゆる角度から美白をサポートする成分がたくさん含まれている女性の心強い味方です。

健康に必要な栄養比較で圧倒的勝利!神仙桑抹茶ゴールド

© 2019 青汁健康ナビ All Rights Reserved.