青汁ランキング比較 口コミ・評判
  1. HOME
  2. 青汁の効果効能
  3. 血液サラサラ

血液サラサラ

年齢と共に血管はもろくなる

食生活やライフスタイルの変化によって、糖尿病や高血圧、メタボリックシンドロームといった生活習慣病にかかる人が増えています。生活習慣病を引き起こす要因には色々ありますが、血液の流れや血管の状態も大きく関わります。

年齢とともに人の体ではさまざまな部位で老化現象が起こりますが、それは血管にも同じことが言えます。年齢を重ねると血管は硬くなる傾向があり、収縮性や弾力性が低下していきます。そうすると血液をスムーズに押し流す機能も低下して、血流が悪くなったり、血管が詰まりやすい状態を引き起こします。血管が硬くなった状態を放置すると、血管はさらにもろくなり、脳卒中や狭心症、心筋梗塞といった重篤な疾患の原因にもなるので見逃すことはできません。

動脈硬化で血液がドロドロに

このように、血管の弾力性が失われてもろくなった状態を「動脈硬化」と呼びます。動脈硬化というと、年齢層の高い人が発症するイメージがありますが、30代の人の多くは軽い動脈硬化にかかっているという指摘もあります。それだけ血管は年齢による劣化が起こりやすいと言えるのではないでしょうか。もちろん、動脈硬化は老化現象によってのみ起きるものではありません。食生活の欧米化や運動不足も動脈硬化を悪化させる大きな要因です。

例えば脂質や糖質の多い食べ物を食べ過ぎたり、アルコールを摂取し過ぎたりすると、血液中の脂質や糖質の量が過剰になり、血液の粘度を高めてドロドロした状態にします。また、何らかの理由で血管がダメージ受けている場合、血管を修復しようとして血小板が部分的に集中し、そのせいで血液の流れが滞ることもあります。血液の粘度を高める物質などが血管の中に過剰に増えると必然的に血圧が上昇し、さまざまな疾患リスクも高まります。

またタバコもニコチンなどの影響で血管を収縮させて血流を悪くする作用がありますし、血管内に悪玉コレステロールを溜めやすくするなど動脈硬化を助長させる要因となるため、血液サラサラにしたい人は禁煙するべきでしょう。

青汁に含まれる血液サラサラ成分とは?

動脈硬化によってドロドロになった血液をサラサラした状態にするには、ナットウキナーゼやクエン酸、DHA、ビタミンEやビタミンC、ポリフェノール、アルギン酸などを含む食品が効果的だとされています。そのうち、ケールや大麦若葉、桑の葉などの青菜が使われている青汁には、ビタミンCやビタミンE、ポリフェノールが豊富に含まれています。ビタミンやポリフェノールは血液中のコレステロールが酸化するのを防ぎ、血流悪化の予防効果に優れています。

また、青汁に豊富に含まれている食物繊維にも血液をサラサラにする効果があります。食物繊維というと、善玉菌を増やしたり腸のぜん動運動を活発にしたりするなど腸内環境を整える作用が高いことでおなじみですが、血液中のコレステロールや中性脂肪を排出させる働きもあるのです。

最近では桑の葉を使った青汁の人気も高まっていますが、桑の葉にもビタミン、ポリフェノールの他、葉緑素(クロロフィル)という血液サラサラ効果が期待できる成分が含まれています。葉緑素は「緑の血液」とも呼ばれていて、体の内側を浄化させる効果に優れているのです。

低カロリーの青汁を上手に取り入れよう

血液をサラサラにする効果のある栄養素を毎日の食事からきちんと摂取しようとするのはなかなか難しく、一定の量を摂ろうとすると必然的にカロリーや糖分、脂肪分なども上がってしまいがちです。青汁には脂質や糖分など、血液の粘度を高めるような成分はほとんど含まれていないため、中性脂肪やコレステロールが増えてしまうようなこともなく効率的に血液サラサラ成分を摂取できます。

健康に必要な栄養比較で圧倒的勝利!神仙桑抹茶ゴールド

© 2019 青汁健康ナビ All Rights Reserved.