青汁ランキング比較 口コミ・評判
  1. HOME
  2. 青汁の効果効能
  3. 免疫力アップ

免疫力アップ

免疫力は20代をピークに低下する

健康維持のためには免疫力を上げると良いとよく言われますが、具体的にはどのようにすれば良いのでしょうか。免疫力というのは簡単に言うと、私達の体に入ってくるさまざまな病原菌や病気を引き起こす要因から体を守り、戦う力のことです。体の中には免疫細胞があり、病気を引き起こすさまざまな外的要因から守ってくれていますが、こうした免疫力は20代をピークに下降していくと言われています。

また、免疫力はストレスなどの精神的な影響も受けやすく、睡眠不足やストレスなどで疲れが溜まると自律神経にも乱れが生じ、免疫力を低下させてしまいます。疲れが溜まっていると風邪を引きやすくなるというのは、心当たりがある人も多いのではないでしょうか。そのため、体に備わっている免疫力をアップさせるには、ストレスや疲れを溜めない規則正しい生活や、必要な栄養素をしっかり摂るなど基本的なことがとても重要です。

免疫力アップのカギは腸内環境に!

免疫力の要となる免疫細胞の約6割は、腸の中に存在すると言われています。腸は、口から入ってきた食べ物などを消化吸収する「消化器官」としての役割の他、細菌やウイルスといったあらゆる病原体が体内で増殖するのを食い止める「免疫器官」としての働きもします。6割もの免疫細胞が集中していることから、腸内環境が乱れてしまうと、一気に免疫力が低下してしまうことにつながります。

現代人は、糖分や脂分の多い偏った食生活や、ストレス、睡眠不足など心身共に負担の大きいライフスタイルなどの影響で、便秘や下痢を訴える人が非常に多く、腸内環境は乱れがちです。

青汁は免疫力アップを強力にサポート

青汁には腸内環境を整えてくれる食物繊維が豊富に含まれており、ビフィズス菌などの善玉菌を増やしたり、スムーズなお通じを促すぜん動運動を活性化させてくれてりします。食物繊維が特に多く含まれているのは、ケールや大麦若葉、桑の葉といった青汁のメイン素材で、他にもシモンや明日葉、長命草など、青汁の種類によって食物繊維をたっぷり含んだ多彩な健康素材がブレンドされています。食物繊維は芋類や緑黄色野菜、玄米などに多いですが、外食などが続くとどうしても不足しがちに。そんな時に青汁で補給すれば、健康な腸内環境を維持し免疫力アップに役立ちます。

また、免疫力アップにはビタミン類も欠かせません。青汁には、ビタミンCやビタミンB群、ビタミンAなど風邪予防などに効果的な栄養素もふんだんに盛り込まれています。コップ1杯の青汁を習慣にすれば、食物繊維をはじめ、ビタミンやミネラルなど不足しがちな栄養素を一度に補給でき、高い免疫力を維持できますよ。

健康に必要な栄養比較で圧倒的勝利!神仙桑抹茶ゴールド

© 2019 青汁健康ナビ All Rights Reserved.